任意整理について

任意整理について

任意整理手続き

任意整理を具体的にご説明すると、債務整理の手続きの1つですが、他の手続き(自己破産や民事再生や特定 調停)と違い、裁判所を介在しません。任意と言うだけあって、消費者金融やクレジット会社(債権者)に対して 話し合いによる和解を求める事です。債権者との話合いには、弁護士や(認定)司法書士に依頼し進めてもらう 事になります。

実際の和解については、まず債務額の確定をする必要があります。確定をするには、今までの取引内容(取引履歴)を 基に利息(10万円未満は20% 10万円以上100万円未満は18% 100万円以上15%)の計算を借入れ 当初に遡り行います。この時、借入れ金額が多額であったり、借入れ期間が長期であったりすると、利息の払いすぎ (過払い)になっている事もあります。計算後、債務額を確定し、原則将来利息は全額カットして月々の返済額や回数の 話し合いになります。原則は3年(36回)以内での返済になります。但し、任意での話し合いの為、債務者の支払い能力の 問題などから長期(60回ー100回)の和解ができる事もあります。最終的には、残債務に対しての支払い方法が 取り決められ、和解書を双方取り交わし完了します。概ね2-3カ月以上はかかります。

最後に注意点ですが、任意整理は任意での話し合いの為、債権者が同意しない限り、成り立ちません。利息の引き直し 計算には応じても残債務を分割払いでは応じない債権者もありますし、全額将来利息カットには応じず、若干(5- 10%)の利息を要求する債権者もあります。裁判所を介在しない為、手軽な手続きになっていますが、反面、和解の 取り交わしができなければ、一括請求される可能性もあります。方針のどんどん変化する債権者相手の手続きになりますので、 安易な考えでの行動は慎みましょう。

解決の第一歩は相談から

民間非営利活動団体ですので相談は無料です。

電話無料相談 ⇒ 債務整理相談室大阪センター

↑ PAGE TOP