グレーゾーン金利,大阪

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間の金利です。

利息制限法の上限金利(元本金額により年15~20%の幅がある)と刑事罰の対象となる出資法の上限金利(年29.2%)との間の金利をさす。つまり年15%(20%)~29.2%の間の金利のことである。
貸金業では、利息制限法の制限を超えて設定された金利は基本的に無効である。ところが、緊急時には上限以上の利息を払っても借りたい場合もある。そういうケースでは、貸金業者に契約書や受領書を渡せば、利息の支払いを有効とみなすという「みなし弁済」規定が貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律)の第43条にあり、グレーゾーン金利で貸し付けることが認められてきた。
つまり、利息の上限が2つの法律によって異なることから問題が起こっているのである。

クレーゾーン金利は本来無効である。

■任意整理手続きにより利息制限法に引きなおします。

利息制限法という法律で、利息の上限が決まっています。この利息上限を超える部分については無効となり、この部分利息を支払う必要はありません。既に支払った利息については元本に組み入れて計算しなおすと、借金はかなり減額できることがあります。
利息制限法では、借入金が10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合には18%、100万円以上の場合には年15%と上限を定めています。
ただし遅延損害金としこの利息の1.46倍まで認められています。

⇒借金は減らせます!!グレーゾーン金利

※債務整理相談室大阪センターの運営は、NPO消費者サポートセンターが行っています。営利を目的とせず、大阪で有志が集い、債務問題の相談窓口として始めた市民活動です。

民間非営利活動団体ですので相談は無料です。

電話無料相談 ⇒ 債務整理相談室大阪センター

↑ PAGE TOP